Re: うつ病は精神科医が治療。 投稿者:さがら ごろう 投稿日:2019/07/17(Wed) 19:47 No.84

ある管理職の新聞記者。
今日【うつ病は精神科医が治療する】と断言しました。

人は多かれ少なかれ【うつ気分】になります。

病気になった、失恋した、借金した、テストに落ちた・・・ETC
何かにつけ取り越し苦労の多い人はうつ気分をもちます。
そのうつ気分を改善してくれるのは精神科医でしょうか?

近年の常識として、うつ気分は病気だと思う人が大半のようです。
失恋して落ち込んでいるのは病気でしょうか。
精神科医に治療してもらえば、失恋の苦しみから解放されるのでしょうか。
借金して苦しんでいるのは病気でしょうか。
その気分の落ち込みは、治療せねば、解決しないのでしょうか。
精神科医から治療してもらえば、借金の苦しみが消え解決するのでしょうか。

そんなことは、あり得ない話です。

何処かの誰かが借金しただけの金額を出してくれれば、その苦しみは一瞬で消えます。


社会の人が、
人の苦しみは精神科医が治療・解決してくれると思っているようですが、本当にそうでしょうか。

精神科医にかかれば心の問題が解決するわけがありません。
失恋でも病気でも借金でも、テストに落ちた苦しみでも、
治療と称し与えられる【抗うつ薬】で解決するのでしょうか。


歯が痛くて歯医者にかかり、痛み止めを貰っても対症療法にしかならず、根治はしません。
痛み止めを買い服薬すると、痛みは消えますが根治はしません。
やはり根治させるには、歯医者で根治するまで治療を受けねばなりません。

歯科医は、治療の後で虫歯などの予防法を教えてくれます。

それは歯の痛みの原因を知っているからできることです。
では、
精神科医はうつ気分で通院してくる人を治療していますが、根治する治療方法を知っているのでしょうか。
うつ病になる原因を知っているのでしょうか。

まだそのような治療方法は聞いたことがありません。
精神科医が、
うつ病になる原因が分かって投薬治療をしているのであれば、うつ病の予防法も分かっているはずです。

何処かの精神科の病院で、うつ病の予防治療をしているのでしょうか。
糖尿病であれ高血圧であれ、予防医学が発達しています。
精神科医は脳内の情報伝達物質であるセロトニンが不足していると説明し、投薬治療しているが(全てではない)、うつ病予防のためにセロトニンを普段から摂取しておればうつ病にならないのでしょうか。
セロトニンがうつ病を予防できるのでしょうか。

歯が痛くて近くの薬屋で【痛み止め】を買い、普段から痛み止めを服薬していると、歯の痛みの予防になるのでしょうか。
普段から痛み止めを長期に服薬していると、他の副作用が出てこないでしょうか。

人は対人関係で気分が落ち込んだりハイテンションになったりします。
それも瞬間的に気分は落ち込みます。
苦しみを解決する好条件が来ると瞬間的に解決します。

薬で種々の問題の解決はできません。
気分の上がり下がり調節するのは、人生の修行です。
いつも一定の気分でいる【不動心】は薬では手に入りません。
いろんな経験を積み重ね、人生の修行で得るものです。
医者の治療や薬では【不動心】は手に入りません。

うつ気分は精神科医で解決、・・・等という思い込みは危険です。

気分の調節、心の調節を精神科医ができるのであれば、精神科医に宗教はいらないのでしょう。

宗教は、豊かで自由な心で、人生を過ごすには必要です。

精神科医は、心が落ち込んだ時に宗教に頼らないのでしょうか。
そんなことはありません。
自分の心の自由を求めて宗教に依存したり信心したりしています。

もう少し当たり前のことを当たり前で判断することが必要です。
うつ病になれば精神科医が解決するなどという思い込みは止めねばなりません、


Re: うつ病は精神科医が治療。 投稿者:さがら ごろう 投稿日:2019/07/18(Thu) 19:54 No.85

うつ病と言う状態は、全て対人関係で生じます。

集団の生活に適応できない人がなります。
俺が俺がと利己的な思考(考え)の人がなります。
改善するには群れ(集団生活)に【適応する考え方】にすれば良いだけです。

私が主催する【さがら療法】は民間療法です。
医療的な分野ではありません。
だからと言って、
うつ病の人に医療以外の人間が関わってはいけないとはいえません。

本来うつ病(思考不全)になると孤独な心理状態です。
多くの人が支えねば改善しません。

何故なら、本人が孤立しているからです。
支えを欲しがっているからです。

ですが、
多くの人で支え過ぎると有頂天になって破滅します。

うつ病だと言われた人は、
支えられたことに感謝の気持ちをもたねば改善しません。

うつ病になると辛いでしょうが、
対人関係に感謝の心が必要だと理解できれば、
うつ病になった成果があります。


誰しもうつ病を経験し、
対人関係の問題に直面して欲しいと思います。
己のプライドが滅茶苦茶に破壊されされ、怒り心頭になっても、
対人関係に必要なこと(感謝の心)を理解できれば後の人生が楽になります。


- YY-BOARD -