おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 画像認証
文字色
arrow.png
うつ病関連

bear.gif さがらごろうの【うつ病解説】
NO.12-1 心をコントロールする。


【うつ病とは?】
人の心は子育て中の躾で土台ができ、その後の経験で人格が形成され行きます。
思考不全(うつ病)の人は、躾で形成された人間性が基本にあります。
子供の頃に親から囲い込まれ(束縛・強制)対人関係の経験が少ない。
遊びを通し対人関係から得る、善悪の判断力や理性が未熟になっています。
将来を先読みする癖があり、【悩みや心配、不安】を抱えやすい。
心配性の人は、過去を振り返ることが多く誰かを恨んだりねたんだりし、相手を受け入れ許すことができません。
また外部から入る情報(噂話)を確認せずに翻弄される癖をもち、集団生活に適応しない偏屈(一方的)な己の主義主張を肯定したがります。
言動は【真面目、努力家、几帳面・明るい性格・・等々】が出てきますが、
それらは全て自分を良く見せようとする欲から来ています。
自分を受け入れ【認めて欲しい・ほめて欲しい】という【した心】です。
利己的な欲が心(思考)に蔓延しているため対人関係では嫌われます。
利己的な欲が心にはびこると、周りから疎外されていることに気がつきません。
気がついたときは仲間外れになっており孤立しています。
それでも自分の考え方を肯定したがるので、素直な言動ができず更に孤立を深めます。
気がついた時には【強いうつ気分】になり、恐怖心の中でもがき苦しみます。
その時には思考が混乱しており、関係改善のために必要な判断力がありません。
自己解決できず他力本願になり助けを求めますが、利己的な性格が災いし、周りからの支援が難しくなります。
思考不全(うつ病)の人は、集団生活に適応できない【適応障害】をもち、
仲間外れにあうと孤立し、強いうつ気分をもつので【気分障害】などと言われます。
思考不全(うつ病)の人を【性格が悪い】とも表現できます。
実際に思考不全の人と接しいていると、何に対しても見返りを求め、自己評価を高めようとする利己的な心が嫌われます。
どうにか支えようとしても、自分の考えは正しいと自己肯定意識が強くて周りの人は疲れ、
相手をするのが面倒(めんどくさい)なのです。

2019/10/19 Facebook投稿

user.png 相良五郎 time.png 2020/06/04(Thu) 15:51 No.21 [返信]
うつ病関連

bear.gif さがらごろうの【うつ病解説】
NO.11 うつ病の芽生えは躾から


【なぜ悩む? なぜ心配する?】・・・心配性と欲。
【心の健康教室:うつ病予防】セミナーで、
皆さん【なぜ悩んだり心配するのか】考えたことがありますか、と問うと、
全員が【考えたことがない】と答えます。
なぜ心配するのか。
躾で親から心配性が伝承され、過去を振り返ったり将来の先読みをするようになります。
将来などいくら考えても、死ぬこと以外はその時が来るまで分かりません。
人は分からいことを考えると【不安や心配】を抱きます。
この思考の状態を【将来の先読み、先不安】といいます。
先読みの癖は親から子へ、子から孫へと躾で受け継がれていきます。
【あの中学へ行きなさい、あの高校へ行きなさい、あの大学へ行きなさい】、
その為に、今頑張って勉強しなさい。
親は先のことを考える癖を、躾で子に与えます。
あんな子と遊んではいけません。
そんなことをすると、「危ない・汚い】ですよ・・・。
一部の親は、子供の言動を強制したり誘導したりし、束縛して躾をする人がいます。
子供の頃は全て親に依存しているので親の言うとおりにします。
躾をする親は、
子供が何かの失敗をして、怪我したり悪いウイルスを持ち込んだりするのを恐れます。
子供は子供なりに大切な対人関係があり、この時期が後日大きな成果を上げます。
ことわざに【子は失敗する権利がある、親は子供の失敗を見守り支える義務がある】と言います。
子供の失敗を極端に恐れるのは、子供が失敗をすると世間に迷惑をかけるからです。
成功も失敗も経験しなければ、生きていくのに必要な知恵が身に付きません。
大きな自然災害が来ると、【今までに経験したことがない台風】等といいます。
経験しておれば対策の立てようがありますが、何も経験したことがなければ対策の立てようがありません。
人間関係も一緒です。
子供の内に失敗や成功事例を多くもつと、後日、何かの問題に遭遇してもあわてません。
子供の内にする失敗は、親が気にするほど世間は気にせず大目に見ます。
躾の目的が子供の成長なのか、親の世間体なのか疑わしい親がいます。
反社会的な問題を起こすと社会の人は、【親の顔が見たい】といいます。
そうかといって反対に、子供とはいえ大人になったのだから、
子供が起こした問題は【子供の責任だ】と、責任放棄する親もいます。
人は群れで生きており集団生活するには、【理性】が必要です。
理性とは【ルールやマナーの常識、協調心、良心、道徳心、善悪の判断力・・・等々】
親が子を囲み過ぎると子供の頃に対人関係を重ねて得る、群れで生きるための【理性】が育ちません。
経験が浅い人の特徴は、
将来の先読みをで不安をもち、過去を振り返る癖で【こだわりが】が強くなり相手を許すことができません。
【欲】を正しく理解する。
人の欲とは【地位や名誉、財産、権力・・・とお金】などと思われているでしょうが、
突き詰めていくと、【地位や名誉、財産、権力・・・とお金】等は、自分を認めて欲しい、
自分をほめて欲しいという心に行き着きます。
欲がなければ生きて行けませんが、利己的に【私だけを認めて欲しい、ほめて欲しい】
という欲が強い人がいます。
対人関係が未熟で【利己的な欲の強さ】を親から躾で伝承された人が、
思春期になり、親の束縛から離れて対人関係を深めると、
周りの人との対人関係で己の未熟さを知り、自我の芽生えと共に親との関係がギクシャクします。
子供の頃に失敗や成功事例が人を大きくしますが、過保護に育ち失敗の経験がないと、
【感謝の念】がなく、その一部の人は【イジメる人:イジメられる人】になったりします。
大人になって【子どもの躾のため】と子供を虐待したりします。
また躾の強制で囲い込まれて育った人は、何事も与えられてきたので、
成人してからは気配りが少なく、【常に見返りを求める人】になってしまいます。

2019/10/17 Facebook投稿

user.png 相良五郎 time.png 2020/06/04(Thu) 15:49 No.20 [返信]
うつ病関連

bear.gif さがらごろうの【うつ病解説】
NO.10 うつ病とは何でしょうか?


これから先は、
人間集団に適応できない考え方をするうつ病予備軍を【思考障害】、
うつ病を【思考不全】と表現していきます。
思考不全の予備群である【1度(軽度)、2度(中度)、3度(重度)】の人達を、
死(自殺)を招きかねない4度の思考不全にしてはいけません。
ここで必要なのが予防法です。
予防法を学ぶと、思考不全が改善した人の再発予防にもなります。
現状では【認知(行動)療法】が治療法として用いられていますが、この心理療法は予防法として、また再発予防として用いるべきです。
一部の精神科医のかたは、
長年続いているセロトニン伝説を否定的に捉えているようです。
セロトニンが発症原因ではない。
心の痛み止め(抗うつ薬)を与える対症療法だけでは、完治を促す治療にはならない。
診察を受けに来る多くの思考不全の人と接していると、全ての人に当てはまる共通点があるのを見出して欲しい・・・と、願うばかりです。。
良心的な治療者も、思考不全の原因が分らないのでお手上げの状態なので責めるわけにいきません。
さがら療法では思考不全の改善は3拍子、ワン・ツウ・スリーで行うように伝授しています。
この手法は原因を把握しているのでできることですが、
原因を理解すれば誰でも、カウンセリングで思考不全を改善できるわけではありません。
原因が分っても社会経験が浅い臨床心理士:公認心理師が、60代のバリバリ社長のうつ気分を、カウンセリングで改善させることはできません。
カウンセラーは、相談者が信頼できる社会経験が豊かな人でなければなりません。
うつ病予備軍の思考障害と、うつ病と言われている思考不全。
思考障害と思考不全の心の苦痛は全く違います。
思考障害(うつ病予備群)からくる心の苦痛は、考え方を変えれば楽になっていきます。
思考不全(うつ病)の心の苦痛は、考え方を変えても楽にはなりません。
思考不全になる前の思考障害の頃は、心の苦痛と言っても【悩みや心配】程度ですが、
思考不全になると悩みや心配を通り越して【恐怖心】が入ってきます。
思考不全になった時の強い恐怖心は、普段抱いている死ぬ不安感よりも強くなり、
死にたくなくても死(自殺)を選んでしまいます。
人は誰しも死ぬのが怖く生きたいという気持ちがあるのですが、
対人関係での問題から自尊心が働き死(自殺)を選びます。
人はなぜ【心配したり悩む】のでしょうか?
【うつ病の人はうつ病になる考え方をしている】と述べました。
うつ病になる人は、
心配性の親から子育て中の躾で【心配する癖】を引き継いでいます。
それも強制されたり誘導されたりして【心配する癖】を与えられています。
思考障害をもつ人は、
躾をした母親に、何らかの敵対心をもつ場合が多く見受けられます。
後日助けてくれなかった父親にも依存心をもたなくなります。
躾って怖いですね。

2019/10/16 Facebook投稿

user.png 相良五郎 time.png 2020/06/04(Thu) 15:39 No.19 [返信]
うつ病関連

bear.gif さがらごろうの【うつ病解説】
NO.9 うつ病とは何でしょうか?


考えたり判断したりする脳機能を【思考】と言います。
人は誰しもその思考に、【考え方の癖・心の癖】をもっています。
その思考の癖は古来より【三つ子の魂百まで】と言われるように、
根本的に思考の修正をしなければ死ぬまで続きます。
ここで言う【三つ子】とは、2歳児を指しています。
2歳3歳で思考の癖、考え方の癖ができるのか?、と思われるでしょうが、
思考の癖は、子育て中の親から【躾】として【親の考え方の癖】を受け継いでいます。
ここで間違ってはいけない事があります。
考え方の癖は【遺伝】ではありません。
あくまでも親の考え方の癖を【伝承】したのです。
うつ病になる前に自分の考え方の癖を知ると【うつ病の予防】になります。
1、うつ病になる人は、うつ病になる考えをしています。
2、イジメを行う人は、いじめを行う考え方をしています。
3、イジメられる人は、いじめを受けるような考え方をしています。
4、何度も相手にフラれる人は、フラれるような考えをしています。
5、失恋をする人は、失恋するような考え方をしています。
6、借金をする人は、借金をするような考え方をしています。
・・・・・等々、たくさんあります。
ですが、
自殺をする人が自殺をする考え方をしているとは言えません。
自殺については後ほど説明します。
うつ病は何故?生じるのか、どんな時に生じるのか。
その殆どは【対人関係】で生じます。
決して、より良い対人関係をもつ人がうつ病にはなりません。
人は群れ(集団)で生きており、群れに適応する考え方をすれば対人関係で窮地に陥りません。
群れに適応出来なかったとき、集団生活に適応できなかった時にうつ病になります。
これを対人関係の不適応といい、精神科で【適応障害】などと診断されます。
うつ病ではないがうつ病になる考え方の人を【うつ病予備軍】といいます。
そのうつ病予備軍の人の考え方を【思考障害】といいます。
思考障害(うつ病予備軍)は、
1度(軽度)、2度(中度)、3度(重度)に3区分され、4度はうつ病になります。
さがら療法では、4度のうつ病を【思考不全】と表現しています。

2019/10/15 Facebook投稿

user.png 相良五郎 time.png 2020/06/04(Thu) 15:37 No.18 [返信]
うつ病関連

bear.gif さがらごろうの【うつ病解説】
NO.8 うつ病とは何でしょうか?


うつ病の予防法と改善方法を【心の健康教室」で伝え始めて随分経ちます。
うつ病の改善に1カ月ほどかかっていましたが、現在では約3時間です。
うつ病は難しい心の病気だと思われている方には、信じられない速さです。
それもそのはず、20年も30年も治療を受けている方がいるからです。
ドップリと薬漬けになっている人がいるからです。
そのような社会状況の中で【うつ病は病気ではない、カウンセリングで早期に改善する】
等という者が現れると、にわかに信じられず多くの利権を侵害するからでです。
ですが、
私が【利権をもつ見えない敵との戦い】に・・・私が負ければ、
  ・数億人のうつ病の人が苦しみ続けます。
・自殺者を減らすことができません。
  ・心の不健康を改善する方法が伝わらず、戦争や犯罪を防げません。
国や精神科医が【うつ病を理解しない】わけとは?
それは国や精神科医が【軽い】検討の末に、セロトニン伝説に翻弄され続け、難しい心の病気にしているからです。
【何か?】の利権に翻弄され続け【心理学】の勉強をしないからです。
統合失調症や双極性障害・知的障害・自閉症などの発達障害各種・認知症等々は、
未だ確たる原因が分っていないようですが、脳内の何処かの部分に機能障害があるようです。
うつ病も脳内の障害と勘違いされていますが、それは違います。
【うつ病は対人関係で生じる】・・・のです。
うつ病に関しては、セロトニン云々とか脳内の障害だというこは忘れて無視してください。
無論、
心は体の自律神経と相互関係で繋がっており、セロトニンが関係ないとは言えません。
それでも、うつ病の改善に関してだけは、セロトニン云々を言う【誰か?】の利権を無視してかまいません。
脳内の機能が【正常だか】らうつ病になるのです。
分裂病(統合失調症)やそううつ病(双極性障害)でも、【強いうつ気分】がでますが、
これらのうつ気分と、うつ病のうつ気分を混同してはいけません。
人は生まれながらにして【うつ病】ではありかせん。
うつ病は対人関係から生じます。
子供の頃に経験したことがない各種の【キッカケ】からうつ気分になるのです。
うつ病になる人は、うつ病になる考え方をしています。

2019/10/14 Facebook投稿

user.png 相良五郎 time.png 2020/06/04(Thu) 15:35 No.17 [返信]
うつ病関連

bear.gif さがらごろうの【うつ病解説】
NO.7 うつ病とは何か?


うつ病とは治らない心の病気、原因が分からない難しい心の病気として認知されています。
・本当に治らない病気でしょうか?
・難しい心の病気でしょうか?
・前回まで再三取り上げてきた脳内の情報伝達物質の【セロトニン】の不足が、うつ病の原因でしょうか?
私は今まで57年間に渡り精神構造を分析し、この20年間は【うつ病と言う脳の病気はない、改善は簡単にできる】、それも短時間にできると社会に訴えてきました。
信じがたい話になりますが、うつ病と表現し、
うつ病はセロトニン等が不足する【脳内の病気:障害】と認知されていますが、うつ病と言う病気がないというより【脳内の機能が正常】なのでうつ気分になります。
脳内の機能が正常でなければ、
分裂病(統合失調症)、躁うつ病(双極性障害一型・Ⅱ型)、認知症・・・等々や、各種の発達障害をもちます。
精神構造の理解度やカウンセリング技術の差はありますが、ほとんどの場合3時間もあれば強いうつ気分(うつ病)は改善します。
それも精神科医でなくても大丈夫です。
今この文章を読んでいるかたでも大丈夫です。
もっと強く表現するなら【頭賢い心ブス】の精神科医では、うつ気分を治すことはできません。
老齢の経験を重ねた【田んぼのあぜ道に座って煙草を吸っている】お爺ちゃんやお婆ちゃんのほうが、うつ気分を改善させることができます。
そうは言っても、
【自分の過去とひと(他人)の心は変えられぬ】とも言い、相手の心を他人が変えることはできません。
それでも強いうつ気分を取ることはできます。
うつ気分が取れ心が軽くなっても再発防止のためには、人の群れ(集団生活)に適応する考え方が必要です。
心を変えるために、考え方を変えるために、
心の主治医は医者ではなく【自分自身だ】ということを理解すべきです。
簡単に治るとか改善すると表現していますが、対応を間違えれば、死(自殺)に至る心の苦痛をもっていますので最大限の注意が必要です。
そんなに簡単に改善するのを精神科医が治療法を間違い、長期に渡り抗うつ薬を処方するのは何故でしょうか?
それは、
国や精神科医がトリックに引っ掛かっているのです。
国や精神科医が【心理学】を理解していないのです。

2019/10/11 Facebook投稿

user.png 相良五郎 time.png 2020/06/04(Thu) 15:33 No.16 [返信]
うつ病関連

bear.gif さがらごろうの【うつ病解説】
NO.6 うつ病治療の不思議


私はうつ病と言う病気はないと思っています。
ですが、国や精神医療関係者は、心が苦しく思考が混乱した状態をうつ病と言うようです。
そのうつ病の人を見出すために、国は企業に対し社員のストレスチェックを強制し、
強いうつ気分の人は精神科に通院するように促しています。
また精神科医は、国からの絶大的な信用の元にうつ病治療をしています。
決して対症療法の投薬だけの処置ではなく、完治へ導くと、・・・信じたい。
国や社会から信用を得て治療している精神科医は、うつ病の発症原因を理解して上での
治療でしょう。
高血圧・糖尿病・・・・その他各種の病気。
これらの治療にあたる専門医は、原因を理解した上で予防法を患者に伝えています。
うつ病にもうつ病予備群がいるはずですが、
現状の精神医療ではうつ病予備群に対し、うつ病の予防法を教えていません。
国や社会に絶対的に信用がある精神科医が、なぜ予防法を教えないのか・・・不思議です。
もしかして、
【うつ病の発症原因を知らない】で治療しているのであれば、患者の治りたいという心を欺くことになります。
患者は精神科医に全てを任せていますので、そんなことはありませんよね・・・。
うつ病と診断した人に、精神療法の森田療法や認知(行動)療法を、
抗うつ薬や睡眠導入剤等と併用して処方されている精神科医もいるようです。
考えたり判断したりするのを【思考】と言います。
うつ病の人は、その思考が混乱した状態です。
うつ病とは心が苦しく、心の痛みをもつ人です。
心の苦しみを軽減させる痛み止め(抗うつ薬)を処方されるのは分かりますが、
(決して納得はしませんが)、
頭を抗うつ薬で【ぼんやり】させておいて、
認知(行動)療法などの精神療法で、
考え方が悪い、社会の捉え方が悪いと、
ぼんやりした心で難しい治療法を患者が理解するでしょうか?
そんな治療法を本気でしていることが不思議です。
精神療法は頭が混乱した人に対する治療法ではなく、
うつ病の予備群に対するうつ病の予防法だと理解しています。
現状の精神科医が、予防法を治療法としているのが不思議でなりません。

2019/10/10 Facebook投稿

user.png 相良五郎 time.png 2020/06/04(Thu) 15:31 No.15 [返信]
うつ病関連

bear.gif さがらごろうの【うつ病解説】
NO.5 うつ病治療の不思議


うつ病の治療法には、
薬物療法、頭にヘッドギアを付ける磁気治療法、頭蓋骨に穴をあけ直接偏桃体に電気を当てる外科的な治療法、精神療法(心理療法)・・・等々があります。
精神療法には、日本では森田療法、海外から取り入れた認知(行動)療法等があります。
現在の皇后が受けていた治療法は、薬物と認知(行動)療法の併用です。
森田療法は30年間ほど学び実践してきました。
認知療法とは、あなたの考えかたは社会の常識から外れていますよ、社会の捉え方がずれており間違っていますよ・・・と、うつ病患者に社会の認知の仕方を修正させていくものだそうです。
考え方の間違いを修正させるとき、1対1で行ったり、患者を集めグループで行うようです。
私は薬物学を専攻したわけではなく薬に対する知識はありませんが、
心の苦痛で疲れている人と多く接してきました。
心に重い苦痛を抱く人は、頭の中(思考)で己の自尊心(プライド)との戦いをしています。
次々に湧き上がる不安との戦いをしています。
重い心の苦痛の時は、不安を通り越して【恐怖】との戦いをしています。
また思考の領域がパンパンになり、何かを考えようとしても【まとまらず】混乱しています。
この時に与えられる【薬】は抗うつ薬だけではなく、
睡眠導入剤や副作用止め、胃薬・・・等々が処方されているようです。
薬物に対する知識がないので薬のあれこれは分かりませんが、
抗うつ薬の効果は障害者の福祉現場でつぶさに見てきました。
抗うつ薬は頭の中で行き来している【内部情報】を止める働きをしているようです。
ただでさえ思考の混乱があるときに、
頭の働き・・・思考の働きを薬で止めながら認知(行動)療法を行うのは意味がわかりません。
失恋して心が苦しい。
ヤクザからお金を借りて取り立てが恐ろしく心が苦しい。
職場の誰かと上手くいかず心が苦しい。
・・・・・等々、心の苦しみはいろいろあります。
そんな心の苦痛に対し、頭に穴を開けた手術や頭に磁気を流す治療法。
投薬と精神療法を併用した治療法で治るのかと、【不思議】でなりません。

2019/10/08 Facebook投稿

user.png 相良五郎 time.png 2020/06/04(Thu) 15:29 No.14 [返信]
うつ病関連

bear.gif さがらごろうの【うつ病解説】
NO.4 うつ病治療の不思議


精神科医がうつ病を細分化し、適応障害とか気分障害などと表現しています。
何れにしても心の苦痛が重ければ、うつ病と診断し投薬しています。
その治療法が正しいか正しくないかは、患者と言われる人や関係者が判断すれば良いことであり、私が言うべきではないかも知れません。
数年前にWHO(世界保健機構)が発表したことがあります。
その内容を簡単に説明すると、ガンなどを含め、今世紀末までにほとんどの病気の治療法は見出される。
治療法が見つからない病気は2つある。
1つはエイズなどの菌からくる病気。
もう1つは【うつ病】だと世界に発しています。
そうかそうか、
菌は変異し増殖するから終わりがないのだろうな。
うつ病も治らない病気なのか?・・・しょうがないな。
もうこの2つは諦めるしかないのだな!・・・と。
未だうつ病の発症原因が分からないのに、なぜ治療薬として服薬を勧めるのでしょうか?
日本の国は、
企業に対しストレスチェックを強制し、
ストレスの多い人は精神科に行くように促していますが、
この指示は、吟味を重ねた上での国民に対する強制指導でしょうか?
このストレスチェックを最初に、国に、指導したのは何方でしょうか?
うつ病は病気ではないと思っていますが、
うつ病は病気だ!投薬が必要だ!、うつ病が治ると患者に思い込ませている治療者がいます。
WHOは今世紀末でもうつ病の原因や治療法が分からないと発表しています。
それでも、
うつ病は治ると患者に信じこませての投薬でしょうから、
うつ病の患者に薬を与え続けている治療者にお聞きしたい。
うつ病の発症原因は何ですか?
うつ病の予防法を患者や家族…社会に教えてください。
・・・できれば私にも。

2019/10/07 Facebook投稿

user.png 相良五郎 time.png 2020/06/04(Thu) 15:05 No.13 [返信]
うつ病関連

bear.gif さがらごろうの【うつ病解説】
NO.3 うつ病治療の不思議


うつ気分が強くなり精神科医の指示通りに服薬。
服薬し始めてから数カ月、半年もすると薬に抵抗がなくなり、反対に薬に依存するようになった。
依存している人の状態は、服薬を中断するのが怖くなるのです。
得体のしれない【セロトニン】なる脳内の物質が不足していると言われると、
自己判断で薬を止めることもできません。
通院初日に【セロトニンが不足】していると、医者なりソーシャルワーカーから言われた人がいます。
血圧が高い、糖尿の数値が高い、脳波を測ると数値が高い・・・等々。
今では予防医学が発達し、いろんな病気の状態を数値で表し教えてくれます。
ですが、
セロトニンの数値を教えてくれる医者やソーシャルワーカーはいません。
相談員(ソーシャルワーカー)の人は、精神保健福祉士とか社会福祉士、臨床心理士などの資格を持った人だと思われます。
この人たちが通院初日に、
【うつ病です、セロトニンが不足していますからお薬を飲みましょう】・・・云々と説明してくれます。
そこで、
この方たちに聞きたいのですが、
【セロトニンの測定機】なる機械を実際に見たり触れたりしたことがあるのでしょうか?
その測定機が病院に設置されているのでしょうか?
もしかして、
見たこともなく振れたこともないセロトニンの測定機。
自分で確認していないセロトニンの数値。
如何に患者を安心させるためとはいえ、想像で患者に言ってるわけではないと信じます。
先ずそんな医療スタッフやお医者さんがいるとは思えません。
そんな人が実在しておれば・・・大変です。

2019/10/04 Facebook投稿

user.png 相良五郎 time.png 2020/06/04(Thu) 15:02 No.12 [返信]
処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -